テスト記事

カテゴリ1

こちらの記事はテストです。

本当に転職するべき?

こんにちは。大手転職エージェントで、延べ600社・3000人以上の転職を支援してきたMarronです。自身も30歳で転職。現在は、企業向けのキャリア開発に関わる仕事に従事する傍ら、副業で個人の転職相談に従事。企業・個人双方の視点で「転職」に携ってきたからこそ見えた転職のポイントを伝えていければと思います。「転職しようか悩んでいる」「初めての転職活動でどうしていいかわからない」「今回の転職こそ失敗したくない」そんな方に読んで頂ければ幸いです。まず、みなさんに考えて頂きたいのは、本当に転職が最適な手段なのか?数千人の転職に携る中で、感じたこと。それは、転職しても幸せになっていないという現実。なんでだろうか?その疑問を常に感じながら、一つの結論に達した。「転職」というのは、あくまで仕事を選ぶ上での一つの手段であって、自分の人生が全て仕事で構成されているわけではないからだ。当たり前ではあるが、このことに気づいた時から、転職相談を受けた際に、必ず、「どんな人生にしたいのか」たずねるようにしている。

キャリアとは、「仕事・家族・余暇・学び」◎◎である。

まずは今の現状と、自分が今後どのような人生にしたいか考えてほしい。

その上で、仕事を変えることがベストであれば、「転職」という手段を考えてほしいのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました